ピンクのウシがみえる

牛飼い目指して奮闘中。牛飼い見習の嫁が綴る独白。

わたしたちが目指す「牛飼い」について

自己紹介でもお伝えしましたが、わたしたち夫婦は、
城里町で未経験から「牛飼い」を目指して活動しています。

では、わたしたちが目指すべき「牛飼い」とは、一旦どんなものなのか。
今回は、もう少し具体的に書いて行きたいと思います。

わたしたちは農業で生活することを目標にしています。
言い換えると、新規就農を目指しています。

「牛飼い」というと、なんとなく牧歌的なイメージもありますが、
生活のためには、しっかりとお金を稼ぐ必要があるので、
ゆったりとした田舎生活を送りたい、というよりは、
育てた牛を販売して、きっちり収入に繋げていくことを目標にしています。

では、育てた牛を収入に変えるためにはどんな手段があるのか。
簡単に分けると、牛乳を売る、お肉を売る、観光資源としての牧場を開き人を呼ぶ、
の3種類でしょうか。

この3種類の中で、わたしたちが目指しているのは「お肉を売る」、
つまり「肉牛」を育てる農家さんになります。

さらに、肉牛を育てる農家さんには2種類あります。
母牛を飼って、子牛を産んでもらい、
子牛を10ヶ月まで育てたのち販売する「繁殖農家」と、
繁殖農家より子牛を買って、その子牛を約2年育てたのち、
お肉として販売していく「肥育農家」です。
※繁殖と肥育を一貫して行っている農家さんもあります。

わたしたちが目指しているのは、「繁殖農家」になります。

繁殖農家の新規参入事例は、全国でもあまり多くないようです。
お世話になっている行政機関の方が把握している限りでは、
茨城県内では、わたしたちが2例目とのこと。

果樹や野菜と比べて新規参入者が増えないのは、
牛舎や機械、また牛自体の価格が高いため、初期投資が大きいこと、
また、生き物飼いになるので、休みが取れないことが原因ではないかと思います。

肉牛を育てるというと、よく心配されるのが
「自分が育てた牛を売っちゃうなんて悲しくないの?」ということです。
(ちなみに、乳牛の農家さんもお乳を搾るために子牛を産ませて、
 ときにはお肉にするために販売しています。)

それについては、まだ自分で飼ってる牛はいないけど、
さよならするときは、多分まちがいなく悲しいと思います。

しかし、わたしたちは、少なからず生き物の命をいただいているわけで、
責任もって自分で送り出すという選択肢も持つべきだと考えました。

悲しい仕事も、誰かがやってくれているから、お肉食べらるんだもんね。
命に近いところにいる生産者だからこそ伝えられる価値観もあると思います。
いまはまだわからないけど、いつか書けたらいいなぁ。

 

NEXT

 

 

自己紹介

このブログの運営管理者Yukaと申します。
簡単な自己紹介をまとめました。

#personaldata
1983年2月生まれ
亥年
女性
既婚
子供なし


#移住
#茨城県
#城里町
わたしは2018年5月、夫とともに埼玉県から茨城県城里町へ移住してきました。
いろいろなご縁が重なって、47都道府県中、魅力度ランキング最下位の茨城県の中の、市町村の魅力度ランキング最下位なんじゃないかと言われている「城里町」へ。ご縁って本当に不思議です。

わたしたち夫婦は、残念ながら子宝には恵まれないようで、それは少し悲しく思っています。
しかし、だからこそ同年代の友人たちよりも選べる選べる選択肢が多いともいえる。大人2人、それぞれの食い扶持は自分で稼ぐ覚悟があれば、たとえ厳しくともどうにでもなるはず。それならいっそ、やりたいことやって生きようと。齢35にしてのチャレンジ、移住を決意するに至りました。


#新規就農
#牛飼い
#繁殖和牛
#黒毛和種繁殖農家
#常陸
わざわざ城里町まで越してきた理由は、この町で「牛飼い」になりたいから。それも肉牛の子供を育てる繁殖農家。ドナドナのあれです。
どうやらこの業界、新規参入はかなり狭き門のようで、茨城県内では、わたしたちが近年2例目になるみたい。貴重な経験をさせてもらっているのは間違いなさそうです。


#これからのこと
わたしたちが「牛飼いで生計をたてる」ところまで到達できたなら。
家庭菜園すらやったことのない普通の会社員が、もし本当に牛飼いになれたなら。
次の誰かに繋がることを祈って文字を綴りたいと思います。

どんな牛飼いになりたいの?詳細はこちら

ビックマックは3回ウマイ。本当は秘密の新しい食べ方をこっそりお教えします。

みなさんマクドナルドはお好きですか。

わたしは大好きです。太る?身体に悪い?いいんですよ、たまには。

 

そんな大好きなマックの看板メニュー「ビックマック」。我が家では、ちょっと変わった食べ方をしています。今日はオット直伝の秘密の食べ方を紹介しちゃおうと思います。

 

まずは、ビックマックがどんなバーガーだったか確認しておきましょう。

 

はい。美味しそうですね。

 写真で確認できるとおり、ビックマックは上から

①パン ②肉 ③レタス ④パン ⑤肉 ⑥チーズ ⑦レタス ⑧パン

の構造になっています。

 

ふつうに食べても、めちゃんこ美味しいのですが、いかんせん縦に大きくて、口に入れる際にこぼれまくることが、難点といえば難点。それをつぶして食べるのが好き!って方も多そうですが、我が家はこぼさず余さず食べたい派。

 

そこでオットによって開発されたのが「分解食い」です。

これは、ほとんどこぼさず、3種類の違うバーガーが味わえるという、なんとも優れたアイデアになります。

しかし、ただ闇雲に分解すればよいというわけではありません。研究を重ねた結果、ベストな分解は、以下のとおりであることが判明しています。

 

まず最初は、①パン ②肉 のみを食すことで、ハンバーガーもどきをいただきます。予想どおりの味ですが、ビックマックはパンにゴマふってあるので、ちょっとだけ幸せを感じることができると思います。

 

次は、③レタス  ④パン をいただきましょう。これは通常マクドナルドには置いてない、サンドウィッチ風の野菜バーガーになります。味の決め手はオーロラソース。30代も半ばになると、正直この野菜バーガーが1番美味しいのではないかと感じてしまう次第です。

 

最後に、⑤肉 ⑥チーズ ⑦レタス ⑧パン のチーズバーガーもどきでフィニッシュですね。こちらも通常では入っていないレタス入りとなるので、お得感満載です。

 

どうでしょうか、このアイデア。ぜひみなさんにも試してほしい!

しかし、テイクインでひとりで分解して食べるのは、最初はちょっと勇気がいるので注意が必要です。でも、美味しさに気がついて慣れてしまえば、(残念ながら)他人の視線なんて関係なくなりますので、とりあえず最初は、複数人で挑戦するか、テイクアウトでの体験をおすすめいたします。

 

さぁみなさん、どうぞお試しあれ。

 

みちしるべ

 著・吉野弘
 
二人が睦まじくいるためには
愚かでいるほうがいい
立派すぎないほうがいい
立派すぎることは
長持ちしないことだと気付いているほうがいい
完璧をめざさないほうがいい
完璧なんて不自然なことだと
うそぶいているほうがいい
二人のうちどちらかが
ふざけているほうがいい
ずっこけているほうがいい
互いに非難することがあっても
非難できる資格が自分にあったかどうか
あとで
疑わしくなるほうがいい
正しいことを言うときは
少しひかえめにするほうがいい
正しいことを言うときは
相手を傷つけやすいものだと
気付いているほうがいい
立派でありたいとか
正しくありたいとかいう
無理な緊張には
色目を使わず
ゆったり ゆたかに
光を浴びているほうがいい
健康で 風に吹かれながら
生きていることのなつかしさに
ふと 胸が熱くなる
そんな日があってもいい
そして
なぜ胸が熱くなるのか
黙っていても
二人にはわかるのであってほしい

 

 

吉野弘さんは、地元である埼玉県狭山市に住んでたことがある詩人。

出身中学の校歌の歌詞をつけた方でもあるんだ。

 

気取らなくて、あったかくて、こんな風に世界が見えてるひととは、お友達になりたいなぁって思うよ。

 

 

吉野弘詩集 (ハルキ文庫)

吉野弘詩集 (ハルキ文庫)

 

 

すべての酒飲みに捧ぐ

宿醉の朝に 
 
泥醉の翌朝に於けるしらじらしい悔恨は、
病んで舌をたれた犬のやうで、
魂の最も痛痛しいところに嚙みついてくる。
夜に於ての恥かしいこと、
醜態を極めたこと、
みさげはてたること、
野卑と愚劣との外の何物でもないやうな記憶の再現は、
砒毒のやうな激烈さで骨の髓まで紫色に變色する。
げに宿醉の朝に於ては、
どんな酒にも嘔吐を催すばかりである。
ふたたびもはや、
我等は酒場を訪はないであらう。
我等の生涯に於て、
あれらの忌忌しい悔恨を繰返さないやうに、
斷じて私自身を警戒するであらう。
と彼等は腹立たしく決心する。
けれどもその日の夕刻がきて、
薄暮のわびしい光線がちらばふ頃には、
ある故しらぬ孤獨の寂しさが、
彼等を場末の巷に徘徊させ、
また新しい別の酒場の中に、
醉つた幸福を眺めさせる。
思へ、
そこでの電燈がどんなに明るく、
そこでの世界がどんなに輝やいて見えることぞ。
そこでこそ彼は眞に生甲斐のある、
ただそればかりが眞理であるところの、
唯一の新しい生活を知つたと感ずるであらう。
しかもまたその翌朝に於ての悔恨が、
いかに苦苦しく腹立たしいものであるかを忘れて。
げにかくの如きは、
あの幸福な飲んだくれの生活ではない。
それこそは我等「詩人」の不幸な生活である。
ああ泥醉と悔恨と、
悔恨と泥醉と。
いかに惱ましき人生の雨景を蹌踉することよ。

 

ああ、素晴らしき人生なり。

 

 

宿命

宿命

 

 

猫町

猫町