読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ススログ

ススによる雑食ブログ。日記も思考もなんでもごちゃまぜ。

食べることは大好きですが、あんまり食べない方が体調がいい。「不食」「断食」への興味。

わたしについて 読書

お題「朝ごはん」

 

わたしは朝ごはんは食べない派。

「朝ごはんは食べましょう」という風潮が強いけど、個人的には朝ごはんを食べると内臓にエネエネルギーが回って、脳みそに必要な栄養がいってない感じがする。

 

最近Yahoo!ニュースに、こんなのが。 

news.yahoo.co.jp

 

いっとき「週末断食」とか流行ったよね。食事を抜くことで腸がきれいになるらしい。実践してた友人は便秘が治ると喜んでたな。

 

不食」とは、極端に食事が少ない人々のこと。その定義でいえば、わたしは「不食」ではない。食べるのは大好きで、むしろ食べ過ぎちゃうくらい。

 

でも、正直なところ、食べない方が体調がいいのは、はっきり感じている。食べすぎちゃうのは、わたしが欲深いから。

 

とにかく内臓を動かすために使っているエネルギーって膨大だと思うのよ。現代人は胃腸の不良に悩まされる日々じゃあないですか。

食べないことで胃腸が休まり、胃腸が休まるとよく眠れる。少量の食事を、少量のエネルギーで消化すると、脳みそに必要な栄養がいっている感じがする。

 

そして咀嚼も大切なんだろうな。わたしは見事な早食いで、これも胃腸に負担をかける一因なのは間違いない。

 

そうそう、アトピーも内臓を休ませると良くなるんだって。こわいよ内臓。

 

食事に関しては、たくさん食べて、たくさん動くのがよいとする人もいれば、わたしみたいに最低限の食事で、体を休ませたい省エネタイプの人もいるだろう。個人個人が体調がよいと感じるほうを実践すればいいと思うし、年齢やライフスタイルによっても変わってくるのだろう。

 

最後に省エネタイプの皆さんにオススメの本を紹介。わたしはこの本を読んで「朝ごはんは食べましょう」だけが正解ってわけじゃないなって思いました。

 

無病法

無病法