読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ススログ

ススによる雑食ブログ。日記も思考もなんでもごちゃまぜ。

冬の定番!鍋といえば…おふくろの味

雑記 お題

お題「鍋といえば」

 

わたくしススの、鍋に関する思い出をひとつ。

 

みなさんは鍋の定番といえば何ですか?

水炊き、寄せ鍋、キムチ鍋、豆乳鍋、ちゃんこ、もつ鍋、住んでいる地域によっても様々なんでしょうね。

 

我が家では、冬のお鍋の定番は「白菜鍋」と呼ばれる水炊きでした。具材は白菜と豚肉という、ちょーシンプルお鍋。あっさりしているし、トロトロになった白菜がたくさん食べられるので、いまでも大好きなメニューです。

 

小学生のときね、クラスで好きなお鍋はなんですか?っていう質問に、みんなの前で答える機会があったんです。なんでそんな質問をされたのか、前後関係は全く覚えてないけど。

 

わたしの住んでいた埼玉県狭山市の、当時のクラスメイトは、ほとんどのひとが寄せ鍋って答えてました。でも当時のわたしにとって、鍋といえば白菜鍋。寄せ鍋なんて、ことばも知りませんでした。

 我が家で鍋といえば、これ以外にないので、自信をもって「白菜鍋」って答えたわけですよ。そしたら、先生もクラスメイトも、頭に???が浮かんだ顔をしていました。

 

しばらく時間外とまった後、先生が「水炊きってことかな?」ってフォロー入れてくれたんですが、当時のわたしは水炊きも知らなかったので、今度はわたしが???。なんとなく変な空気になって、わたしの番は終了しました。

 

休み時間になると「白菜鍋ってなぁに?」とみんなが興味津々に聞いてきます。わたしは事実そのまま、白菜と豚肉のお鍋だよ〜と伝えるじゃないですか。そしたらみんなが「それしか入ってないの?」っていうわけです。

 

小学生くらいの頃ってみんなと違うだけで、ドキドキしちゃうじゃないですか。それも「それしか入ってないの?」なんて、貧乏なの?って聞かれてるような気分になっちゃって、ちょっと恥ずかしくなっちゃったんですね。

 

お家に帰って、ふてくされながら母親に本日のエピソードを話したところ、自信満々に「うちの鍋は水炊きだよ。美味しいでしょ?」って諭されました。

 

いま思うと、うちの母は具材がゴチャゴチャ入っているお鍋が食べ好きじゃないんです。だからあえてシンプルなお鍋にしていたし、わたしもいまは寄せ鍋より、単体鍋の方が好き。

 

当時、自信をもって「美味しいんだよ!」って言えなかった自分を反省だな。

 

お母さん、いつも美味しいごはんを作ってくれて、ありがとう。